« 藤原大士の一日一言 
696話 初夢 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢 »

2011年1月 2日 (日)

藤原大士の一日一言 
697話 日の出の時を目指して

暗闇の時には、なかなか先が見えず、

手探りでしか先に進めないことも多く、

不安といら立ちを感じることも少なくない。

しかしどんなに長い夜でも、必ず朝は来る。

一旦東の空が白み、あかね色に染まり、

そして朝日が顔を出すと、たちまちのうちに

周囲が明るくなり、先も見通せ、

希望と輝きの時となる。

人生も同じだ。今は暗闇のようでも、

目的に向って邁進すれば、

やがて希望の灯りが見え、

輝かしい繁栄を得る事が出来る。

|

« 藤原大士の一日一言 
696話 初夢 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢 »

人生」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/50468186

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
697話 日の出の時を目指して
:

« 藤原大士の一日一言 
696話 初夢 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢 »