« 藤原大士の一日一言 
697話 日の出の時を目指して
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
699話 年頭の訓辞 »

2011年1月 3日 (月)

藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢

日常は、手早く、合理的に時間を使うが、

正月には、ゆっくりと時を掛ける贅沢をしている。

年に一度、火鉢を取り出し、

炭をおこし、それで餅を焼く。

炭火でじっくりと火を通した

お餅のおいしさは格別だ。

お金を掛け、海外に出かけるだけが贅沢ではない

家にいても、普段と違う贅沢は、

いろいろな形で出来るのではなかろうか。

        今日で三が日も終わり。

 明日から、仕事始めの方もおられると思う。

 どうぞ今日一日も、よい日でありますよう!

|

« 藤原大士の一日一言 
697話 日の出の時を目指して
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
699話 年頭の訓辞 »

人生」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/50476571

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢
:

« 藤原大士の一日一言 
697話 日の出の時を目指して
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
699話 年頭の訓辞 »