« 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
700話 本当の評価 »

2011年1月 4日 (火)

藤原大士の一日一言 
699話 年頭の訓辞

社長の念頭の訓辞は、

単なる儀礼的な挨拶ではない。

その年一年の願いと方針を

短く、そして社員の胸を打てるだけの

熱意と気合いを込めて話すのが、年頭の訓辞だ。

「今年こそ、いい年にしたいね」と言うが、

「社員にいい年を与えてあげるのも、社長の役目」

そんな気持ちで臨まれてはいかがだろうか。

        関連696話「初夢」

    697話「日の出の時を目指して」

 

|

« 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
700話 本当の評価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/50486851

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
699話 年頭の訓辞
:

« 藤原大士の一日一言 
698話 ゆっくりと時を掛ける贅沢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
700話 本当の評価 »