« 藤原大士の一日一言 
769話 危機管理
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
771話 時間との戦い »

2011年3月17日 (木)

藤原大士の一日一言 
770話 出来ることをする努力

冬型の寒さに加え、余震が続く毎日です。

小田原でも、昨日遅くに震度五弱の地震がありました。

朝から、電話やメールなどで

次々にご連絡頂き、本当にありがとうございました。

お蔭様で、何一つ物も落ちず大丈夫でした。

まだまだ日本全土が、非常事態の中、

安全を祈りつつ、今日の一言をお送りします。

 

770話 出来ることをする努力 

東北関東大地震の悲しい報道が続いているが、

自らも被災した中学生達が、

避難所の壁に、こんな言葉を貼り出していた。

「ガンバロー 高田

命あることを、喜ぼう」

その中学生達も、津波で家を失い、

身内の人が、まだ行方不明だという。

「でも、もっと辛い思いをしている人がたくさんいる。

自分達中学生でも、出来ることをしなければ・・」

という言葉だった。希望の持てる明るい話だ。

「自分にも出来る事」は、必ず何かあるはずだ。

若いから出来ない。金がないから出来ない。

時間がないから出来ない。

そんなことはない。その気さえあれば。

|

« 藤原大士の一日一言 
769話 危機管理
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
771話 時間との戦い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51137479

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
770話 出来ることをする努力
:

« 藤原大士の一日一言 
769話 危機管理
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
771話 時間との戦い »