« 藤原大士の一日一言 
798話 正しいことを推し進める勇気 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
800話 梅干しの効用 »

2011年4月15日 (金)

藤原大士の一日一言 
799話 経営者の正義 

ある有名な経営者の方とお話しをしたとき、

「自分は、判断をするときには、

損か得かでの判断はしません。

正しいか、正しくないかで、

判断をするようにしています。」

と言われた。

なるほど・・と聞いていると、続けて、

「しかし、正しいことを推し進めるためには、

金がいります。

どんなにそれが、正しいと分かっていても、

それを可能に出来るための金がなければ、

実行出来ないのです。」といわれ、

いくつかの体験を話して下さった。

またある経営者は、

「経営者にとって、利益は正義だ」

もちろん悪質なことや、人を騙して得た利益は、

違うが、基本的に儲ける、

利益を恥じる必要なんかない。

利益がなければ、

社員を食わせていくことも、

設備投資をすることも出来ない。」

とも言われた。

経営者は、もっともっと世の中に貢献して、

そして堂々と儲けると言うことを

口にして良いのだと思う。

経営者にとって、

正しい利益は正義なのだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
798話 正しいことを推し進める勇気 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
800話 梅干しの効用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51391992

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
799話 経営者の正義 
:

« 藤原大士の一日一言 
798話 正しいことを推し進める勇気 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
800話 梅干しの効用 »