« 藤原大士の一日一言 
809話 歩合給を外して繁栄の例
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
811話 継続と創意工夫 »

2011年4月26日 (火)

藤原大士の一日一言 
810話 社内の方針を変えるときには

社内の方針を変えるときには、

変えた場合と変えない場合の

メリット、デメリットを

客観的に検討した上で決定すべきだ。

変えた場合の良い方だけを見て、

安易に踏み切ると、

後で収拾がつかなくなったり、

「変えなければ良かった・・」

ともなりかねない。

変えることには、

勇気と、覚悟と準備が必要だ。

その上で踏み切るべきではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
809話 歩合給を外して繁栄の例
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
811話 継続と創意工夫 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51496645

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
810話 社内の方針を変えるときには
:

« 藤原大士の一日一言 
809話 歩合給を外して繁栄の例
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
811話 継続と創意工夫 »