« 藤原大士の一日一言 
814話 本の値打ち
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
816話 天命は、いつ授るのか »

2011年5月 1日 (日)

藤原大士の一日一言 
815話 天命とは

天命とは、から授った寿と、

     から命じられた使

の二つの意味がある。

授かった寿命の中で、

どれだけ自らに託された使命を全うするかが、

その人の値打ちを決める。

役目の大小ではない。

小さな役目でも手を抜いてはいけないのだ。

しかし自分が、何に向いているのか、

何をすべきなのかを知っている人は少ない。

天命を知り、それを全うすることこそが、

この世に生まれてきた意味であり、

次の世の評価なのだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
814話 本の値打ち
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
816話 天命は、いつ授るのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51539788

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
815話 天命とは
:

« 藤原大士の一日一言 
814話 本の値打ち
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
816話 天命は、いつ授るのか »