« 藤原大士の一日一言 
844話 動く世の中、変わらぬ原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
846話 人生の金メダルを目指して »

2011年5月31日 (火)

藤原大士の一日一言 
845話 手柄は誰に?

うまくいったときは、自分の手柄、

うまくいかないときには、部下の責任、

とかく社会が悪いとか、

天のせいにしたくなりがちだ。

しかしそれでは、部下も社会も天も

その後の力を、貸してはくれない。

反対にうまくいったときは、

支えてくれた部下の手柄、

社会(取引先など)や、天のお陰とし、

うまくいかないときには、自分の責任という、

その心意気が、大切ではなかろうか。

        普段大きな顔をしている人が、

何かあると、

「秘書がやった・・自分は知らない」と、

恥ずかしげもなく言う人がいるが。

★ 神道のブログも更新しています。

第八話 神社参拝の仕方 その2

 手水舎の使い方

http://soseinippon.way-nifty.com/shinto/

  関心のある方は、こちらもどうぞ

|

« 藤原大士の一日一言 
844話 動く世の中、変わらぬ原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
846話 人生の金メダルを目指して »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51814638

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
845話 手柄は誰に?
:

« 藤原大士の一日一言 
844話 動く世の中、変わらぬ原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
846話 人生の金メダルを目指して »