« 藤原大士の一日一言 
850話 人の振り見て
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
852話 賞味期限と準備  »

2011年6月 6日 (月)

藤原大士の一日一言 
851話 人生、当たるも八卦でよいのか?

経営や人生の指針を決めるときに、

占いや、霊能者を頼っている人が多いと聞く。

易は、一般にも

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われるが、

人生の大事な指針や、経営方針などを決めるときに、

本当にそうしたものに頼って良いのだろうか?

確かに運勢の波や相性の善し悪し、

方位のことは、大きな影響がある。

しかし、会社の方針を決めるときには、

もっとしっかりとした土台、基礎が必要だ。

それを人頼み、易頼りでは、怪しい経営となる。

        今日は、神道のブログも更新しています。

 第9話 神社参拝の仕方 その3 

             お賽銭と柏手(かしわで)

左のリンクより 神道ブログ でどうぞ。

|

« 藤原大士の一日一言 
850話 人の振り見て
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
852話 賞味期限と準備  »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51869240

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
851話 人生、当たるも八卦でよいのか?
:

« 藤原大士の一日一言 
850話 人の振り見て
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
852話 賞味期限と準備  »