« 藤原大士の一日一言 
853話 機会と準備
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
855話 不安も重圧も、はねのけて »

2011年6月 9日 (木)

藤原大士の一日一言 
854話 経営に携われる期間は、どれほどか?

人生の中で、実際に経営に携われる期間、

手腕を発揮できる時間は、どれだけあるだろうか。

大企業といえど、雇われ社長の場合は、

一期の数年か、長くても十年くらいの期間しかない。

それに比べて、オーナー経営者は、

実際に経営に携われる期間は、はるかに長い。

その気になれば、中期、長期計画も、

十分に練り、推進していくことが出来る。

そんなときに目先の事しか見ないとしたら、

本当にもったいないことだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
853話 機会と準備
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
855話 不安も重圧も、はねのけて »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/51894606

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
854話 経営に携われる期間は、どれほどか?
:

« 藤原大士の一日一言 
853話 機会と準備
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
855話 不安も重圧も、はねのけて »