« 藤原大士の一日一言 
867話 土壌を整えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
869話 毎日、自分を観察 »

2011年6月23日 (木)

藤原大士の一日一言 
868話 落ち着いた環境で

客の気を引こうと、奇をてらいすぎると、

事業の本質を見失うことがある。

たとえば住まい。

住まいは、家族の身体と心の休息や

成長、健康に大きく関係するものだが、

そこに奇をてらいすぎて、落ち着かない、

デザイナーの主張ばかりが目立つ建物がある。

コンサートやイベントなどのように、

瞬間の満足を得られればいいものについては、

奇をてらってもかまわないのかもしれないが、

住まいは、何十年とその人の、あるいはその会社が

羽ばたくための土台でもあるはず。

行なっている仕事の本質を、よく捉えて、

落ち着いた環境の中で、良い仕事をしよう。

|

« 藤原大士の一日一言 
867話 土壌を整えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
869話 毎日、自分を観察 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/52018476

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
868話 落ち着いた環境で
:

« 藤原大士の一日一言 
867話 土壌を整えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
869話 毎日、自分を観察 »