« 藤原大士の一日一言 
896話 準備と飛躍 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
898話 今日は、大暑 »

2011年7月22日 (金)

藤原大士の一日一言 
897話 練習と本番

スポーツの選手は、十分な練習をして、

試合に臨む。

実力が伯仲しているときには、

その時の、運、不運が、

結果を大きく分けてしまうが、その元は、

どれだけ本番に向けての

練習をするかにあるはず。

しかし・・経営の場合、練習はなく、

全て本番で、その行動や、成果がそのまま

利益や評価に直結してしまう。

理想的には、社長になる前に、十分な練習、

つまり自分が社長だったらどうすべきかを

あらゆる場面で、考えておく、

自分が社長になったつもりで、

物事を見て、判断する習慣を

つけておくことではなかろうか。

◆案外、「そんなことは、社長がするさ」

「社長になってから考えればよい」と

社長前の大事な機会を活かしている人が

少ないように思うが・・

|

« 藤原大士の一日一言 
896話 準備と飛躍 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
898話 今日は、大暑 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/52271648

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
897話 練習と本番
:

« 藤原大士の一日一言 
896話 準備と飛躍 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
898話 今日は、大暑 »