« 藤原大士の一日一言 
955話 入れ替えのための熱
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
第957話 価値観の話 »

2011年9月19日 (月)

藤原大士の一日一言 
956話 今日は、敬老の日

日本には、「一日の長」といって自分よりも、

目上の人に、敬意を示す習慣が根付いていた。

それがいつしか、老人、年寄りという言葉の中に、

敬いよりも、お荷物、邪魔者扱いする

風潮になってはいないだろうか。

人は、自分が扱われたように、人に接すると言うし、

自分が人に接したように、

自分もその立場になったときに扱われる。

それは態度だけでなく、心の中でどう思ったかまで、

同じように扱われると言うことだ。

もしも、自分が年寄り、汚い、役立たず、お荷物・・

などと思いながら、形だけ敬老といっても

同じことを繰り返されるのではなかろうか。

敬老の日は、年一日だけでなく、

本来毎日が、目上の人を敬う日であってほしいものだ。

        今日は、神道のブログも更新しています。

第24話 山幸彦と海幸彦の話 その2 

http://soseinippon.way-nifty.com/shinto/

よろしければ、こちらもどうぞ

|

« 藤原大士の一日一言 
955話 入れ替えのための熱
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
第957話 価値観の話 »

年中行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/52769441

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
956話 今日は、敬老の日
:

« 藤原大士の一日一言 
955話 入れ替えのための熱
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
第957話 価値観の話 »