« 藤原大士の一日一言 
974話 「忙しい!」時こそ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
976話 逞しく、生き抜こう  »

2011年10月 8日 (土)

藤原大士の一日一言 
975話 人が生きられる環境に 

環境問題などは、個人ではどうにもならないと

はじめから関知しない人が多いと思うが、

原発問題をはじめ、このまま進めば、

人が生きられる環境でなくなる可能性が高い。

原発の問題は、大人よりも、

成長期の子供に大きな影響があると言われている。

それは子供や孫の未来が

大変に危ないことを意味している。

今、生きる環境に大変な危険信号がともっているが、

エネルギーの問題、自然環境のこと、

食品に対しての考え方など、

改めて考え直さなければならない時でもある。

「便利だから」

「いい生活のために、仕方がないんだ」

と受け入れて過してきたこと、

自分達の需要が、その必要悪を生んだとも言えるからだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
974話 「忙しい!」時こそ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
976話 逞しく、生き抜こう  »

人生」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/52936291

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
975話 人が生きられる環境に 
:

« 藤原大士の一日一言 
974話 「忙しい!」時こそ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
976話 逞しく、生き抜こう  »