« 藤原大士の一日一言 
1018話 人事の目を磨く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1020話 新嘗祭と勤労感謝の日  »

2011年11月22日 (火)

藤原大士の一日一言 
1019話 時を待つことの大切さ

蛇口をひねれば、水が出る。

スイッチを押せば電気が付く。

現代人には、当たり前のことだが、

それが感性を鈍らせる一因となっては、

いないだろうか。

何でも自分の思うとおりになると思い、

「時を待つ」ということを知らないと、

かえって自分の思うとおりに物事は動かない。

人の心が、動く為にも、

大きな仕事を仕掛けるにしても、

時期を見る、時を待つことが、

大切な時があるのではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
1018話 人事の目を磨く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1020話 新嘗祭と勤労感謝の日  »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53304011

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1019話 時を待つことの大切さ
:

« 藤原大士の一日一言 
1018話 人事の目を磨く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1020話 新嘗祭と勤労感謝の日  »