« 藤原大士の一日一言 
1074話 たくさんの知識を得た人よりも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1076話 日本の強みと労働力 »

2012年1月17日 (火)

藤原大士の一日一言 
1075話 阪神大震災に思う

今日は、阪神淡路大震災があった日だ。

心からご冥福をお祈りしたいと思う。

6000人以上の方が、亡くなられ、

神戸の町は、目を覆うほどに壊滅状態だった。

それから17年。その間に

2004年 スマトラ沖大地震 M9.1

  死者22万人以上

2008年 四川省大地震 M7.9

2009年 サモア沖大地震 M8.1

2010年 チリ大地震 M8.8

2010年 ハイチ大地震 M.7.0

2011年 東北大震災 M9.0

こうして見ただけでも、数年おき、

あるいは毎年のように起き、

段々と規模が大きくなってきている。

地球全体を見てもかつての大地震は、

100年に1回あるかどうかであった。

そしてM9を超える地震など、ほとんど無かった。

しかし近年の地震、津波の大きさと、

その周期の短さは、

地球全体の歴史から見ても、明らかに異常である。

自然界の異変をもっと感じるべきではなかろうか。

自然の中に人は活かされている。

本日、心より黙祷を捧げると共に、

今を生きる人として、自然と共生する道、

人として為すべき事を改めて考えて見たい。

◆「100年に一回あるかどうかのことなどに、

予算はつけられない」と仕分けた政治家もいたが、

その直後の東北大震災をどう考えたのか。

如何に歴史も知らなければ、現状を把握することなく

政治をしているということではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
1074話 たくさんの知識を得た人よりも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1076話 日本の強みと労働力 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53756354

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1075話 阪神大震災に思う
:

« 藤原大士の一日一言 
1074話 たくさんの知識を得た人よりも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1076話 日本の強みと労働力 »