« 藤原大士の一日一言 
1079話 腹をくくって、乗り越えられること
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1081話 一年、一年の積み上げに、力を得るには »

2012年1月22日 (日)

藤原大士の一日一言 
1080話 のの字健康法

寒さで血行が悪くなったり、

ストレスや疲れなどで

腸などの動きが悪くなってくると

便通などにも影響し、健康にもよくない。

腸が動き出すと、「こんなにも出るのか」

と驚くほどの便通がつく。

「のの字健康法」と呼んでいるが、

お腹を両手の三本の指

(人差し指、中指、薬指)で、

軽く、のの字に押していくことを

お勧めしている。

三日に一度しかお通じが無かった人も、

これを始めてしばらくすると、

一日四回も大きいのが出たという。

二日に一度が当たり前の人も、

毎日出て、そしてこの寒さの中でも、

足腰などがぽかぽかしているそうだ。

節電、エコと呼ばれる今、

血行を良くすること、のの字健康法は、

大きなエコにも繋がる健康法だ。

◆ のの字健康法とは・・

みぞおちの所を一番に、

へその所が三番で、その間が二番、

恥骨の上が五番で、その間が四番、

その四番の右側が六番、

臍の右側が七番、二番の右側が八番、

一番のみぞおちはもう一度押して九番、

二番の左側が十番、臍の左側が十一番、

四番の左側が十二番で、

それぞれ十数えて次に移る。

臍の左右はやや外側を押す。

その形がひらがなの『の』の字になるので、

『の』の字健康法と呼んでいる。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1079話 腹をくくって、乗り越えられること
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1081話 一年、一年の積み上げに、力を得るには »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53793303

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1080話 のの字健康法
:

« 藤原大士の一日一言 
1079話 腹をくくって、乗り越えられること
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1081話 一年、一年の積み上げに、力を得るには »