« 藤原大士の一日一言 
1082話 積み上げの工夫
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1084話 発展的な言葉を習慣に »

2012年1月25日 (水)

藤原大士の一日一言 
1083話 消費税と春闘に一言

今消費税率の引き上げが問題視され、

その前提として、国家公務員の給与が

七点何%か引き下げる案がある一方、

今年の春闘においては、

連合は、一%の定期昇給を確保の上、

さらに賞与を含めた上乗せと、

非正規労働者の賃金上乗せを主張し、

経営者側は円高等により、

定期昇給さえ厳しいと言う。

それぞれの立場における主張ではあるが、

どこかおかしくはないだろうか。

いつまでも、お互いが言いたいことを言い合って、

足して二で割る式の方法は

やめられないものだろうか。

お互いに相手の立場に立って、

総合的に解決出来るとよいのだが。

それぞれの立場における主張ではあるが、

どこかおかしくはないだろうか。

いつまでも、お互いが言いたいことを言い合って、

足して二で割る式の方法はやめられないものだろうか。

お互いに相手の立場に立って、

総合的に解決出来るとよいのだが。

|

« 藤原大士の一日一言 
1082話 積み上げの工夫
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1084話 発展的な言葉を習慣に »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53819855

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1083話 消費税と春闘に一言
:

« 藤原大士の一日一言 
1082話 積み上げの工夫
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1084話 発展的な言葉を習慣に »