« 藤原大士の一日一言 
1086話 正しい日本語、友の会 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器 »

2012年1月29日 (日)

藤原大士の一日一言 
1087話 末端の冷え、体幹部の冷え

寒くなると手足の冷えが、気になるが、

末端にだけ目を向けるのではなく、

体幹部、つまりお腹周りの冷えにも、

目を向けよう。

それは単なる冷えと言うよりも、

「出すものを出せない、詰まり」や、

「内蔵の働きが悪くなっている印(しるし)」

かもしれない。

お腹周りには大切な臓器が集中している。

そこが詰まり、そして冷えれば、

生命の維持などにも影響が出てくる為、

身体は末端を犠牲にしても、体幹部を守ろうとする。

それは表面の冷えではなく、

お腹の奥で、表面には出ていない冷えが、

隠れていることもある。

寒い季節には、どうしても血行も滞りがちだ。

巡りを良くする工夫をして、この寒さを乗り切ろう。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1086話 正しい日本語、友の会 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53841614

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1087話 末端の冷え、体幹部の冷え
:

« 藤原大士の一日一言 
1086話 正しい日本語、友の会 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器 »