« 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある »

2012年1月31日 (火)

藤原大士の一日一言 
1089話 高画質のテレビと、低レベルの番組

メーカーの技術の粋を集めて、

美しい映像のテレビが次々に送り出され、

今やハイビジョンは、

当たり前のようになってきた。

しかし、残念ながらハイビジョンで

見たい番組がどれだけあるだろうか。

その番組を心待ちにして、急いで帰宅したり、

DVDなどに取ってでも

見たいと思うような番組は、

果たしてあるのだろうか。

今のような殺伐とした時代だからこそ、

心和ませる番組や、胸打つドラマなど、

家庭で簡単に楽しめるテレビ番組の

果たす役目は大きいはずだが・・

テレビの技術は、

美しく高画質になっていくのに

「テレビ離れ」と言われているのは、

どこに原因があるのか、

そこを見落とすと、パナソニックもシャープも、

思わぬ「テレビ離れ」に

見込み違いが起きる可能性がある。

作るだけでなく、

それをどうしたら活かされるかに、

目を向けるのも、大切ではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

低予算で済まそうとするから質の低い番組しかないと思います。
恐らくテレビ局の人達は理解されていないでしょう。番組製作は外部委託し、楽して高給で自らを省みない。

一番面白いと思えるのは国会中継です。
ハイビジョンのお陰で政治家の顔がハッキリ分かります。
顔にその人が出ますね。

投稿: | 2012年1月31日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53867092

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1089話 高画質のテレビと、低レベルの番組
:

« 藤原大士の一日一言 
1088話 三種の神器
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある »