« 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1092話 商いは、飽きない »

2012年2月 2日 (木)

藤原大士の一日一言 
1091話 胸突き八丁、八合目を乗り越えよう

山に登るときにも、

頂上を前にしての八合目が、

一番厳しいと言われる。

あと少しのところまで来ていても、

そこで引き返してしまう人が少なくないが、

そこで引き返してしまったら、

その山を登った意味が半分にしかならない。

八合目から見る景色では、

今まで自分が登ってきた方向しか

見ることが出来ないが、

頂上から見る景色は、

自分が今まで登ってきたのと

異なる方向の景色も見ることが出来る。

それは、ただその山を乗り越えただけではなく、

その先にどういう手を打てばいいかを、

今までにない視野で見ることも可能になる。

ここまで頑張ってきたが、

苦しい、もうやめようか・・

と思うときには、

胸突き八丁にさしかかっていることも多い。

そう考えて乗り越えよう。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1092話 商いは、飽きない »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53882573

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1091話 胸突き八丁、八合目を乗り越えよう
:

« 藤原大士の一日一言 
1090話 真実は、目の前にある
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1092話 商いは、飽きない »