« 藤原大士の一日一言 
1102話 大阪維新の会というけれど
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1104話 本当に勝たなければならない相手とは »

2012年2月14日 (火)

藤原大士の一日一言 
1103話 派閥、権力というけれど

権力争い、派閥争いと言うが、

動物の世界でも、グループのボスはおり、

その座を巡って死闘を繰り返すこともある。

しかしそれは、外敵から群れを守るために、

強いものが、ボスの座につく為などだ。

動物は、群れを守るという本能はあっても、

地域全体の事を考える事などはない。

人の世界の権力争いは、それと同程度か、

時にはそれより程度が低くはないだろうか。

権力争いなどは、頭の痛いことのようだが、

一度自分の感情や立場から離れて、

「(人として)本当に、すべき事は何なのか」

に目を向けてみては如何だろうか。

各国の内乱や紛争をみても、

一部の者の主義主張や思惑によるものであり、

困るのは、その国と国民ではないだろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1102話 大阪維新の会というけれど
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1104話 本当に勝たなければならない相手とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書 | 2012年4月10日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/53980138

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1103話 派閥、権力というけれど
:

« 藤原大士の一日一言 
1102話 大阪維新の会というけれど
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1104話 本当に勝たなければならない相手とは »