« 藤原大士の一日一言 
1124話 男女同権について
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1126話 天命の意味とは »

2012年3月 7日 (水)

藤原大士の一日一言 
1125話 労働の場における男女同権

労働の場でも、「男女同権」という考えが、

強くなり、女性の重役が出現するのも

珍しくなくなってきた。

有能な女性がいても、かつてのように、

一切「役付」になれない、昇進が出来ないというのは、

もったいないことではあるが、

男性と女性の労働条件を、全て同じに考えるのは、

いかがなものだろうか。

女性の力を最大限に発揮出来る仕組みを考えつつ、

深夜労働などは、極力避けるべきではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1124話 男女同権について
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1126話 天命の意味とは »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

「男女共同参画」に毎年国の予算が10兆円。この結果、何が起きているか。
確かに女性が重役を勤めることが珍しくなくなりましたが、実際、会社では女性が重役を担いたくないというのが現状です。

他のわき道にそれてしまい、女性に対して過剰な擁護が行われ、結果、男性は女性に意見を言いにくくなってきているのです。

政治は人間社会の縮図です。

投稿: | 2012年3月 8日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54161229

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1125話 労働の場における男女同権
:

« 藤原大士の一日一言 
1124話 男女同権について
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1126話 天命の意味とは »