« 藤原大士の一日一言 
1182話 福島原発と菅前総理 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1184話 健康の貯金 »

2012年5月 4日 (金)

藤原大士の一日一言 
1183話 福島原発と水俣病

水俣病は、

熊本の化学工業会社であるチッソが

海に流した廃液が原因で

引き起こされた公害病だ。

水銀汚染の恐ろしさは、

世界的にも注目されることとなったが、

その後環境庁が、水俣湾の安全確認をして、

漁が再開され、一般には過去の公害病と思われていた。

最近のニュースで、

その後に生まれた若い世代の人にも、

水俣病が現われているという報道があった。

実際に、海底に沈んだヘドロの収拾は、

事件の後、何年も経ってからだったという。

水俣病の裁判が終れば、

人々の記憶から薄れがちだが、

人々の体内に蓄積した毒素は、

なくなってはいない。

水銀と放射能の違いはあるが、

共に、人の人体に深刻な問題を

引き起こすものだ。

今でも、福島原発の問題は

終息したとは言えないし、

震災後に流れ出た放射能の問題は、

水俣病の水銀の比ではないはずだ。

解決は、時間を追うほどに困難になっていくが、

既に一年以上経って、なにがどのくらい

「安全」な方向に解決したというのだろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1182話 福島原発と菅前総理 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1184話 健康の貯金 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54627623

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1183話 福島原発と水俣病
:

« 藤原大士の一日一言 
1182話 福島原発と菅前総理 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1184話 健康の貯金 »