« 藤原大士の一日一言 
1189話 日本語と日本人 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1191話 病は、元から断つ »

2012年5月11日 (金)

藤原大士の一日一言 
1190話 日本語での意思伝達 

今、大事な言葉ほど、
外国語(もどき)を交えて

話すことが当たり前になってきている。

(いわゆる外来語を除いて)

日本語だけで、意志を伝えることが
出来るだろうか。

試しにしてみると、
「相当意識しても、つい使ってしまう」

事に気がつくはずだ。

それだけ日本人の中から、日本語が

抜け落ちてしまっては、いないだろうか。

外国語を身につけて、
国際的に交流をすることと、

正しい日本語が使えることは、
両立するはずだ。

むしろ中途半端な言葉、いい加減な言葉を

使い続けると、自分の頭の中も

中途半端になってしまうのではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1189話 日本語と日本人 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1191話 病は、元から断つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 敬語のマナー | 2012年5月11日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54682921

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1190話 日本語での意思伝達 
:

« 藤原大士の一日一言 
1189話 日本語と日本人 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1191話 病は、元から断つ »