« 藤原大士の一日一言 
1194話 時代の先読みと風当たり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1196話 気づきを次に活かす »

2012年5月16日 (水)

藤原大士の一日一言 
1195話 情報と判断 

現代は、好むと好まざるとに関わらず、

洪水のように、情報が流されてくる。

洪水のように流されてくる情報の中から、

時代の流れとしての大局を感じ取ることと、

自分(自社)に関わる情報を、

瞬時に捉えられる感性を養うことが大切だ。

情報の少ないときも、判断は片寄りがちになるが、

情報が多すぎて、かつ時代の流れが速い現代は、

それを受ける自分のアンテナの善し悪しが

判断にも即、影響してくるはずだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1194話 時代の先読みと風当たり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1196話 気づきを次に活かす »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54722733

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1195話 情報と判断 
:

« 藤原大士の一日一言 
1194話 時代の先読みと風当たり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1196話 気づきを次に活かす »