« 藤原大士の一日一言 
1197話 誠意ある姿勢で
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1199話 腹も身の内  »

2012年5月19日 (土)

藤原大士の一日一言 
1198話 「頂きます」の心

食事は、単なる腹ふさぎのためでもなければ、

やけ酒、やけ食いなどのように、

食べることで辛さを紛らわせるものでもない。

食事は、身体を支え、命を養うもの。

それにふさわしい物を食べ、

そのつもりで「頂いている」だろうか。

食事の前の「頂きます」は、

そんな気持ちで言うと

より素晴らしい活力になるのではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1197話 誠意ある姿勢で
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1199話 腹も身の内  »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54744457

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1198話 「頂きます」の心
:

« 藤原大士の一日一言 
1197話 誠意ある姿勢で
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1199話 腹も身の内  »