« 藤原大士の一日一言 
1201話 機会を失うことなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1203話 判断の基準は? »

2012年5月23日 (水)

藤原大士の一日一言 
1202話 自分の商売に頭を下げる

人に対して何かを偽るのは、後ろめたいが、

自分で自分を偽ることは、もっと残念なことだ。

それは自分の中の、

本当の自分が泣いているからだ。

商売相手に

「心を偽って、笑顔になる」のは苦しいが、

目の前にいる相手に、頭を下げるのではなく、

「自分の商売に、頭を下げる」

と思えば、自分の心を偽る必要はなくなる。

むしろ「自分の商売になら、喜んで頭を下げられる」

そんな仕事を目指していきたいものだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1201話 機会を失うことなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1203話 判断の基準は? »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54779972

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1202話 自分の商売に頭を下げる
:

« 藤原大士の一日一言 
1201話 機会を失うことなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1203話 判断の基準は? »