« 藤原大士の一日一言 
1202話 自分の商売に頭を下げる
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1204話 将来に向けての種まき »

2012年5月24日 (木)

藤原大士の一日一言 
1203話 判断の基準は?

「これを売れば、相手が不幸になる」

「健康を害する」「精神的に良くない」

と直感で感じていても、

「儲け」という美味しいエサを前にして、

立ち止まったり、引き返すことが出来るだろうか。

経営は、自分との戦い、

自社の利益と信念と良心のせめぎあいと

思うこともあるかもしれないが、

ある著名な経営者から、こんな言葉を聞いた。

「私は、判断をするときに儲かるかどうかではなく、

正しいか、正しくないかで判断しています。

しかし正しいことを、正しいように

押し通していくためには、金がいります。

その為にも経営者は、儲けなければならないのです。」と。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1202話 自分の商売に頭を下げる
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1204話 将来に向けての種まき »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54786502

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1203話 判断の基準は?
:

« 藤原大士の一日一言 
1202話 自分の商売に頭を下げる
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1204話 将来に向けての種まき »