« 藤原大士の一日一言 
1208話 芽が出る環境とは
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1210話 二代目は、温室育ち? »

2012年5月30日 (水)

藤原大士の一日一言 
1209話 人と機械 人の値打ち

どんなに機械化が進もうとも、

人はロボットではない。

機械のように人を扱うと、

人は機械にはるかに及ばない無力な存在となる。

記憶容量、作業の速度やむらのなさなど、

しかしこうした時代だからこそ,人の能力を活かした、

いや、人でなければ出来ないことに、

大きな価値が生まれるのではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1208話 芽が出る環境とは
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1210話 二代目は、温室育ち? »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/54834459

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1209話 人と機械 人の値打ち
:

« 藤原大士の一日一言 
1208話 芽が出る環境とは
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1210話 二代目は、温室育ち? »