« 藤原大士の一日一言 
1231話 人との縁を活かす為にも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1233話 親に感謝か、背を向けるか »

2012年6月22日 (金)

藤原大士の一日一言 
1232話 要求に応えること

相手が要求していることを、

「八十%も満たせば、それでいいや」

と気を抜いた時には、

相手は六十%の満足にも繋がらない。

百%報いようと行なって、

実際は八十%くらいの満足度のはずだ。

出来れば百二十%報いようと、

目指してみては、如何だろうか。

それをするためには、

相手の話をよく聞くことはもちろんだが、

そこから本人ですら気付いていない、

また要求として上がってきていない要望を、

引き出していくことが必要になる。

それを引き出し、提供出来るのが、

本当のプロであり、相手に驚きと感動を

与えることが出来る。

相手が言わないことは気がつかないでは、

本当のプロとは言えないはずだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1231話 人との縁を活かす為にも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1233話 親に感謝か、背を向けるか »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55025577

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1232話 要求に応えること
:

« 藤原大士の一日一言 
1231話 人との縁を活かす為にも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1233話 親に感謝か、背を向けるか »