« 藤原大士の一日一言 
1234話 反面教師
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1236話 発展の種 »

2012年6月25日 (月)

藤原大士の一日一言 
1235話 具体的か、抽象的か 

具体的に、計画したこと、発言したことはやる。

抽象的に曖昧に発言したことは、やらない事が多い。

何をどうしたいか、明確になっているときには、

具体的な発言になる。

「やらなければ」と思っているが、

何をどうしていいのか分からないときには、

曖昧な発言になる。

自分の発言を見直したとき、

どのくらい具体的な話が出ているだろうか。

「いつまでに、何を、(何の目的で)どうしたい」

と明確になっているだろうか。

それが自分自身からも、相手からも

天からも、共感出来ることであれば、

かなりの確率で希望通りに、

物事が動くのではなかろうか。

    神道のブログも更新しました。

第63話 壱岐島 天のひとつ柱の伝説

http://soseinippon.way-nifty.com/shinto/

よろしければ、こちらもどうぞ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1234話 反面教師
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1236話 発展の種 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55047502

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1235話 具体的か、抽象的か 
:

« 藤原大士の一日一言 
1234話 反面教師
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1236話 発展の種 »