« 藤原大士の一日一言 
1239話 忙しいことも、忘れる事も
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1241話 支えがあって、生きている »

2012年6月30日 (土)

藤原大士の一日一言 
1240話 心を育てる

学校でも、社会に出ても、

知識や、ノウハウは学ぶことが出来るが、

なかなか心を育てる場に、出会えることは少ない。

自分を、そして自分以外の人を大切に思う心、

目上の人に対して敬う心、

(かつてはそれを一日の長といっていた)

人をいたわる心

感謝の心。

神仏を敬い、慕う心

畏れを知る心。

今は、学ぶ場は大変少ないが、

人が動物と違うのは、そうした心を

持っているからではなかろうか。

心を育てると言うと大げさに聞こえるが、

まずは「ありがとう」の一言などからでも、

日々積み重ねていっては、如何だろうか。

言葉掛けに、慣れていない今の時代、

相手の人からも、きっと受け入れられる

そんな一言から、道を開いていこう。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1239話 忙しいことも、忘れる事も
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1241話 支えがあって、生きている »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55085719

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1240話 心を育てる
:

« 藤原大士の一日一言 
1239話 忙しいことも、忘れる事も
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1241話 支えがあって、生きている »