« 藤原大士の一日一言 
1245話 若いときの苦労は、買ってでも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1247話 光陰矢の如し »

2012年7月 6日 (金)

藤原大士の一日一言 
1246話「だめだ」「あきらめよう」は、禁句

企業の栄枯盛衰は、厳しくてもつきものだ。

町を見ても、時代に取り残されたかに見える、

寂れた町工場や商店街などがあるが、

見方を変えれば、最先端の技術を

持っているところも少なくない。

また打ち出し方、売り方を変えれば、

息を吹き返すお店もたくさんある。

その為にも、自分のところの強みは何か、

それを今の時代にどう活かしたらいいか

をまず考えて見よう。

世の中には、あまりにも「だめだ」

「あきらめだ」と言う空気が蔓延しており、

それに毒されて自分の思いまで

「だめだ」になって

止まってしまってはいないだろうか。

本当は、能力も力もあるはずなのに。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1245話 若いときの苦労は、買ってでも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1247話 光陰矢の如し »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55126446

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1246話「だめだ」「あきらめよう」は、禁句
:

« 藤原大士の一日一言 
1245話 若いときの苦労は、買ってでも
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1247話 光陰矢の如し »