« 藤原大士の一日一言 
1246話「だめだ」「あきらめよう」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1248話 慢性疲労を取ろう »

2012年7月 7日 (土)

藤原大士の一日一言 
1247話 光陰矢の如し

一日が終るときは、特別な感慨はないが、

一つ月が過ぎた時、一年が過ぎようとする時には、

「もう一月過ぎてしまった」

「もう一年過ぎてしまった」

と月日の過ぎる速さに、驚くことはないだろうか。

まさに「月日は、矢のように過ぎていく」

のたとえの通りだが、その中でどれだけ

充実した時を過すことが出来るかが、勝負だ。

世の中には、いろいろなハンデがあったり、

不利な勝負をしなければならないことも多いが

一日二十四時間の時は、皆、平等に与えられている。

頑張ろう!

|

« 藤原大士の一日一言 
1246話「だめだ」「あきらめよう」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1248話 慢性疲労を取ろう »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55141208

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1247話 光陰矢の如し
:

« 藤原大士の一日一言 
1246話「だめだ」「あきらめよう」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1248話 慢性疲労を取ろう »