« 藤原大士の一日一言 
1256話「この人と、お近づきになりたい」と思ったら
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために »

2012年7月17日 (火)

藤原大士の一日一言 
1257話 自分の知らない、もう一人の自分

自分の本当の素顔は、自分が一番知らない。

「鏡に写して、毎日見ている」

というかもしれないが、

鏡で見る時の自分は、

おそらく自分の一番すました

いい顔のはずだ。

しかし現実は・・

緊張がゆるんで、たるんだ時のボンヤリした顔、

怒りをあらわにしたときの、すさまじい形相、

笑う時のクセや、いろいろな仕草など、

自分で知らない、自分の顔はたくさんある。

もし自分がその全てを動画などで見たら、

相当に衝撃を受ける・・のではなかろうか。

「鏡の間」で暮らすことは出来ないが、

自分の本当の姿がどんなものか、

客観的に見る工夫をしてみてはどうだろう。

手帳などに手鏡を忍ばせて、

つねに自分の表情を見られるようにしたり、

周囲に鏡を増やして、身なりと仕草、表情などを

自分で見られる機会を増やすのも

一つの案かもしれない。

それで大きな成果を出した営業の人もいる。

仕事を取るときや、

クレームの対応で出かけるときなどに、

手鏡が大変強い味方になってくれたそうだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1256話「この人と、お近づきになりたい」と思ったら
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55215894

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1257話 自分の知らない、もう一人の自分
:

« 藤原大士の一日一言 
1256話「この人と、お近づきになりたい」と思ったら
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために »