« 藤原大士の一日一言 
1257話 自分の知らない、もう一人の自分
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1259話 はじめは、試される »

2012年7月18日 (水)

藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために

人は、誰でも成功した人と、つきあいたい。

物を買うにしても、契約をするにしても、

それを通じて、自分も成功したり、

幸せになりたいからだ。

だから契約などを成立させたかったら、

落ち込んだ顔など、絶対に相手に

見せてはならない。

面談前に、トイレなり、手鏡なりで、

自分の笑顔を確認して、「大丈夫!」

と言ってから、人と会おう。

特に前の仕事で断られた後には、

絶対にその切り替えは、必要だ。

落ち込みを引きずらない為にも、

それで断ち切ってしまおう。

「大丈夫!」きっと切り替えられる。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1257話 自分の知らない、もう一人の自分
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1259話 はじめは、試される »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55222367

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために
:

« 藤原大士の一日一言 
1257話 自分の知らない、もう一人の自分
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1259話 はじめは、試される »