« 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1260話「この仕事にも、飽きたな」と思う時には »

2012年7月19日 (木)

藤原大士の一日一言 
1259話 はじめは、試される

新しい相手から、はじめに仕事をもらう時は、

小さな、あまり旨味のない仕事が多い。

仕事を出す相手から見れば、

初めての相手に、大きな、大事な仕事を

任せることなど、まずないからだ。

あなたの所が、どのくらい出来る相手かを、

小さな仕事で、試しているかもしれない。

それを「こんな小さな仕事」と思って、

後回しにしたり、気を抜いたりすると、

その先の仕事に発展はしない。

実は、目の前の小さな仕事の背後に、

大きな仕事が控えているかもしれないのにだ。

「わらしべ長者」という話があるが、

大きな飛躍のはじめは、「わらしべ」のような

小さなもの、一見つまらないものが

きっかけで広がっていくこともある。

頑張ろう!

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1260話「この仕事にも、飽きたな」と思う時には »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55228780

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1259話 はじめは、試される
:

« 藤原大士の一日一言 
1258話 落ち込みを、引きずらないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1260話「この仕事にも、飽きたな」と思う時には »