« 藤原大士の一日一言 
1269話 自然の力で涼を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1271話 まねだけでは、成功しない »

2012年7月30日 (月)

藤原大士の一日一言 
1270話 寝ることを惜しんでも、やれるか

一代で、大きく成功した人の話を聞くと、

ある時期は、寝ることも惜しんで、

人の何倍も働いている時期が、必ずある。

一日二十四時間には、変わりないはずなのに、

いったいいつ寝るのか、

どうしたらこれだけ頑張りが出来るのかと、

驚愕させられることも少なくない。

自分にとって寝る間も惜しんででも、やれること、

それだけの意義を見つけられるだろうか。

そうしてでもやりたい、なりたいということが、

本物の夢であることが多い。

仕事も遊びもどちらも大切・・でもいいが、

ただし、大きな夢は望めない。

小さな幸せで満足するのか、

人生をかけて大きな夢にかけるのかだ。

ある時期は、なりふり構わずやりきって、

そのご褒美として、遊ぶとしたらどうだろう。

今日は、神道のブログも更新しました。

第68話 神道とは?

http://soseinippon.way-nifty.com/shinto/

よろしければ、こちらもどうぞ。

|

« 藤原大士の一日一言 
1269話 自然の力で涼を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1271話 まねだけでは、成功しない »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55314111

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1270話 寝ることを惜しんでも、やれるか
:

« 藤原大士の一日一言 
1269話 自然の力で涼を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1271話 まねだけでは、成功しない »