« 藤原大士の一日一言 
1273話 忘れることの効用 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1275話 早朝の時を活かそう »

2012年8月 3日 (金)

藤原大士の一日一言 
1274話 自分の声を聞いてみると

自分の声を聞いたことがあるだろうか。

毎日聞いていると思われるだろうが、

自分の耳から聞こえてくる声と、

実際に人に聞こえている声は、かなり違う。

実際に音声にとって聞いてみると

おそらく誰でも感じるはずだが、

「あれ?自分の声って、こんな声?」

と驚くはずだ。

しかしそれが、相手に聞こえている自分の声。

実は、大変に聞きにくい小さな声であったり、

自分は、ごく普通に話しているつもりが、

反対に攻撃的な話し方で、耳を覆うような気持ちに

なる方もあるはずだ。

顔は、毎日鏡で見る事が出来るが、

人との大事なコミニュケーションの手段としての、

自分の声は、案外知らない。

鏡を見る頻度ほどでなくても、

自分の声を録音して、聞く機会を持つと、

飛躍的に対人関係が好転する可能性もあるはずだ。

是非、お試しを。

        8月の定例は、4日です。

 今年のメインテーマ天命は、変わりませんが、

 今回は、人生の大きな転機と、考え方の切り替えで

 人生が180度変わった話をしたいと思います。

 それは強烈なショックでしたが、その時を境に

今まで絶対と思っていた基準が変わった・・

 

 自分の天命は?自分はどう生きたらいいのか?

 そう思っている人は、たくさんおられるはず。

 ならばどう感じ、どう考え方を切り替えることで、

 人生が変わるのか、そのヒントとしてのお話しを。

 どうぞお楽しみに!

 

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1273話 忘れることの効用 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1275話 早朝の時を活かそう »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55334172

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1274話 自分の声を聞いてみると
:

« 藤原大士の一日一言 
1273話 忘れることの効用 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1275話 早朝の時を活かそう »