« 藤原大士の一日一言 
1277話 広島原爆に寄せて
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1279話 何を捨て、何を残すか »

2012年8月 7日 (火)

藤原大士の一日一言 
1278話 頭の中がゴミ屋敷になると

ごみをゴミ箱に捨てていかないと、

たちまちの内に家の中、事務所の中は、

散らかり、ゴミの中で生活するようになる。

それは人の頭の中、心の中も同じではなかろうか。

「ゴミ屋敷」などが、テレビで報道されているが、

何でこんなゴミを残しているのだろうか

と皆、疑問に思うはずだ。

しかしそれを笑っている人も、

頭の中に、不要なもの、腐ったものを、

たくさん残して、実は、頭の中が

ゴミ屋敷になっていることがある。

それが自分の思考の働きを悪くしていたり、

回転を鈍くしているかもしれない。

一掃しよう。わずかなゴミであったとしても。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1277話 広島原爆に寄せて
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1279話 何を捨て、何を残すか »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55369340

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1278話 頭の中がゴミ屋敷になると
:

« 藤原大士の一日一言 
1277話 広島原爆に寄せて
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1279話 何を捨て、何を残すか »