« 藤原大士の一日一言 
1287話 精神年齢と肉体年齢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1289話 形だけの礼儀、本物の真心 »

2012年8月17日 (金)

藤原大士の一日一言 
1288話 人の評価が、気になるとき

自分は、人に好かれているだろうか。

自分は、人からどんな評価をされているだろうか。

人は誰でも人から好かれたいし、

人の評価が気になる。

しかしそれを気にしすぎると、

言わねばならないことを言いそびれたり、

自分の軸がなくなってしまう。

誰からも好かれたいと思っている人は、

実は、誰からも好かれてはいないのだ。

そしてどんなに人の機嫌を取っても、

必ず「嫌い!」と言ってくる人はいる。

嫌われることを恐れて、

八方美人になる必要は、さらさらないのだ。

まだお盆休みの方も多いかと思いますが、

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1287話 精神年齢と肉体年齢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1289話 形だけの礼儀、本物の真心 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55441315

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1288話 人の評価が、気になるとき
:

« 藤原大士の一日一言 
1287話 精神年齢と肉体年齢
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1289話 形だけの礼儀、本物の真心 »