« 藤原大士の一日一言 
1298話 客に「すみませんが」を言わせぬ工夫を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり »

2012年8月28日 (火)

藤原大士の一日一言 
1299話 経営と人生の本道

経営や人生の本道は、

もっと真っ直ぐでシンプルなものなのに、

変にひねって考え、

自分で枝道に迷い込むようなことを

してはいないだろうか。

脇道にそれれば、それるほど、

本道に戻ってくるのに時間がかかる。

本道は、自分の天命として進むべき道。

脇道は、それが見つからずに、

見栄や欲、世間体などから、

本来自分がすべき事とは

違った道にそれることを言う。

今年の定例講演は、天命のシリーズ

9月は、「天命、惟(これ)、新たなり」

  日時 9月1日 14時~16

かつて時代の変わり目には、

必ずその役目を果たす人物が現れていた。

しかし現代は、今までの歴史の中でも、

一番変革を必要としていながら、

それを果たす人が出ていない。

維新とは、天命、惟、新たなりという意味だ。

明治維新以上の、現代の維新のためには?

天命と歴史の双方から、

お話しする予定です。

|

« 藤原大士の一日一言 
1298話 客に「すみませんが」を言わせぬ工夫を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55524737

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1299話 経営と人生の本道
:

« 藤原大士の一日一言 
1298話 客に「すみませんが」を言わせぬ工夫を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり »