« 藤原大士の一日一言 
1299話 経営と人生の本道
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性 »

2012年8月29日 (水)

藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり

客は、「気を使いたくはない」が、

反面「ぬくもり」や「人とのふれあい」は

欲しいのだ。

名物商店街などには、それがあり、

「祭」の要素のような楽しさがある。

同じ業種でも栄えているところと、

廃れているところを、

「一方には何があって、一方には何がないのか」

と見比べると、それを自分の業種にも

応用できるヒントがあるかもしれない。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1299話 経営と人生の本道
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55531999

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり
:

« 藤原大士の一日一言 
1299話 経営と人生の本道
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性 »