« 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1302話 真綿で首を絞めることよりも »

2012年8月30日 (木)

藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性

人の性格を見る時に、明るい、暗い、

積極的だ、消極的だと、

一律に捉えがちだが、

人はそんなに単純なものだろうか。

一人の人の中には、自分自身ですら分からない、

時にはもてあます位、困った面がある反面、

自分でも気付かない、

素晴らしい可能性も秘めている。

そして素質のツボとも言えるところにはまると、

驚くほどの能力や積極性を発揮する。

どの自分が本当の自分なのか。

私の所に来た人でも、

おそらく今までは、やや暗く、

引っ込み思案な人と思われていたであろう人が、

驚くほど明るく、そして積極的になった人がいる。

各人が、それぞれの良さを、もっと引き延ばして、

素晴らしい人生を歩んでもらいたいと思う。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1302話 真綿で首を絞めることよりも »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55539861

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性
:

« 藤原大士の一日一言 
1300話 気遣いと、ぬくもり
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1302話 真綿で首を絞めることよりも »