« 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1303話 今の時代が求める天命 »

2012年8月31日 (金)

藤原大士の一日一言 
1302話 真綿で首を絞めることよりも

自分で吐き出した糸(思いや言葉など)に、

自分が巻き付かれて、真綿で首を絞めるように、

身動きが取れなくなってしまうことがある。

頭で考え、行動せずに、理屈をこねる人ほど、

その傾向が出がちだ。

これが出来たら、考えよう。

これが問題で、どうしたらいいか・・

と考えれば考えるほど、「出来ないのではないか」

「無理なのではないか」「もし失敗したら・・」

とマイナスの思いばかりが強くなるものだ。

行なおうすることが正しくて、

信念を持って行えることであるならば、

「やろうか、どうしようか」で、

ぐずぐず悩むよりも、

まず「やる!」と決めてしまってから、

その手段方法を考えるようにしては、

如何だろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1303話 今の時代が求める天命 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55545360

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1302話 真綿で首を絞めることよりも
:

« 藤原大士の一日一言 
1301話 一人の人の中の多面性
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1303話 今の時代が求める天命 »