« 藤原大士の一日一言 
1306話 まず「変わりたい」と思うこと
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1308話 人だからこその値打ち »

2012年9月 5日 (水)

藤原大士の一日一言 
1307話 うわべの挨拶か、気合いの入った挨拶か

自分自身の中を動かし、

人の心を動かしたいと思ったら、

一見簡単に見えることだが、毎朝の挨拶は、

想像以上に大きな力を持っている。

もし・・それが何の効果もないとしたら、

それはうわべだけの挨拶、

形だけの挨拶をしているからだ。

一般にも、心のこもった挨拶、

気合いの入った挨拶が続けられる様になれば、

今まで動かなかったものが、

たとえ少しずつでも動いていくはずだ。

そしてさらに魂のこもった挨拶になれば、

時として一瞬にして、「希望通り」の

結果を出すことも出来るのだ。

しかし「ねばならない」の挨拶では、

何一つ動かない。

今日も、良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1306話 まず「変わりたい」と思うこと
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1308話 人だからこその値打ち »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55584949

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1307話 うわべの挨拶か、気合いの入った挨拶か
:

« 藤原大士の一日一言 
1306話 まず「変わりたい」と思うこと
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1308話 人だからこその値打ち »