« 藤原大士の一日一言 
1307話 うわべの挨拶か、気合いの入った挨拶か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1309話人の感性の凸凹  »

2012年9月 6日 (木)

藤原大士の一日一言 
1308話 人だからこその値打ち

今、世の中のかなりの部分が機械化され、

人の働き方も変わってきた。

機械に任せたからこそ、

最初の仕組みと、最後の仕上げ、

要所要所の点検は、より重要になって来る。

だから人としての考える力、判断力と、

暖かさを持った人が、

今まで以上に、必要なのだ。

だから人事の査定に、「考える力」を

入れたらよいのではと言いたいところだが、

その査定をする人が、

本当に考える力があるかというと・・

そこが問題になりそうだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1307話 うわべの挨拶か、気合いの入った挨拶か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1309話人の感性の凸凹  »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55592054

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1308話 人だからこその値打ち
:

« 藤原大士の一日一言 
1307話 うわべの挨拶か、気合いの入った挨拶か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1309話人の感性の凸凹  »