« 藤原大士の一日一言 
1312話 時の神様 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1314話 薩摩の両雄について »

2012年9月11日 (火)

藤原大士の一日一言 
1313話 判断の時に、情けは必要か

「情け(なさけ)深い人」

「情(じょう)のある人」

には、人が集まり、慕われるものだが、

判断を下すときに、この情けを持ち出すと

判断が狂うことが多い。

だから判断の際には、

情けを極力入れぬよう心がけ、

そして判断した後で、可能な限りの情を

添えてさしあげることが、よいのではなかろうか。

「情けは、美しいが、判断を誤る」

この言葉を責任ある立場の方は、

どうか肝に銘じて頂きたいと思う。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1312話 時の神様 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1314話 薩摩の両雄について »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55624251

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1313話 判断の時に、情けは必要か
:

« 藤原大士の一日一言 
1312話 時の神様 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1314話 薩摩の両雄について »