« 藤原大士の一日一言 
1336話 建設型か、破壊型か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1339話 医は、仁術 »

2012年10月 6日 (土)

藤原大士の一日一言 
1338話 身体の歪み、心の歪み 

骨格に歪みがあると、

血液の流れに滞りが出たり、

内臓に支障が出たりする。

心に歪みがあっても、

人の好意をねじ曲げて受け取り、

被害妄想になったり、いわゆる逆恨みをしたりする。

身心ともに、歪みを取ること、

心であれば、朝日などを素直な心で

手を合わせたり、感謝出来るところから、

はじめては如何だろうか。

人は嘘をついたり、騙したりするときがあるが、

朝日は、自分の全てを解放しても、

決して裏切られることはない。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1336話 建設型か、破壊型か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1339話 医は、仁術 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55823505

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1338話 身体の歪み、心の歪み 
:

« 藤原大士の一日一言 
1336話 建設型か、破壊型か
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1339話 医は、仁術 »